EX・ダンビー工法

2016年に「EX・ダンビー協会」に加盟し管きょ更生工法に対応しています。

■ EX工法 ■

硬質塩ビ樹脂をベースとするEXパイプを、非開削で既設管内へ引込み、元の円形状に戻して密着させることで、
優れた強度と品質を備えた連続パイプを生み出す小口径更生工法

■ ダンビー工法 ■

硬質塩ビ製の帯版(ストリップ)を既設管の内側に密着させながら接合用かん合部材
(ジョイナー)を使ってスパイラル状に製管し、その隙間に高流動、高強度の充てん材を注入。
断面縮小を最小限に抑えた複合管を形成する大口径管きょ更生工法

 

 

施工実績

■ 公共下水道常呂川第1幹線枝線新設工事(第9工区) ■

発 注 者 :北見公営企業管理者 上下水道局 下水道課
施 工 者 :北辰・三共後藤 特定建設工事共同企業体
施工業者:株式会社 クボタ工建
工  期:平成28年8月4日 ~ 平成29年1月20日
工事目的:長寿命化計画に基づき、老朽化した既設管渠の改築を行い、事業の健全化を図る

          ■ 着 工 前 ■                  ■ 完  成 ■

 

 

 

 

 

 施工手順 ■

1.準備工

道路使用許可の条件を尊守し、保安施設及び工事標識を設け、作業環境測定を行う。

2.既設管洗浄工

必要に応じて止水、取付管の突き出し、付着物等の処理を行い洗浄する。


3.スペーサー取付
                                            スペーサー
スペーサーを管渠内に搬入し、所定の場所にアンカーボルトなどを使用して
順次取付ける。


4.端部製管工
                                            ストリップ      ジョイナー
ストリップ及びジョイナーを管渠内に引込み、端部から所定区間の製管を人力で行う。



5.製管・取付管処理

製管機をマンホール内で組立て、螺旋状に巻き立てたストリップを
製管機を用いてジョイナーで篏合し、連続したストリップ管を形成する。

6.ストリップ管支保工

充填材注入時のストリップ管の浮上り防止・変形防止のため、ストリップ管の横直線及び、
縦直線部に支保工を設置する。

7.充填材ストッパー

ストリップ管を管口に合わせカットし、管端部を急結モルタル等で既設管とストリップ管の隙間を
閉塞する。
8.充填材注入工

穿孔機を用いて更生管の管頂部付近に、管内注入口を穿孔し、先端混合ノズルを
取付けた注入ホースを管内に引込み、所定の充填量を注入する。

9.管工仕上げ工

更生管の両端部を、下水の流れを阻害しないように、パテ等を用いて既設管をすり付ける。


10.片付工

管渠内の機材を地上に搬出する。


11.出来形検査工

事前に測定した既設管内空に基づき、必要な断面を確保しているか確認を行う。
また、充填材が十分に注入されているか打音検査を行う。